自動車保管場所証明申請書の書き方・記入例を紹介

ここでは、自動車保管場所証明申請書の書き方・記入例を見本と共に詳しく紹介しています。

車(自動車)・バイクの関連リンク

自動車保管場所証明申請書

自動車保管場所証明申請書の書き方は、以下の通りです

自動車保管場所証明申請書は、地域によって若干書式等が異なりますが基本的な項目は一緒なので参考にして下さい。

自動車保管場所証明申請書の書き方見本

  • 自動車保管場所証明申請書の車名・形式・車体番号・自動車の大きさは、車検証を見ながら記入します。車名の部分は、自動車メーカー名を記入し、数字とローマ字をはっきり区別して記入する必要があります。(ローマ字の「O」と数字の「0」など)
  • 自動車の使用の本拠の位置は、車の使用者(自分)の住所を記入します。(通常は住民票の住所を記入)
  • 自動車保管場所の位置には、駐車場の住所を記入します。(月極駐車場の場合は、駐車スペースの番号まで記入)
  • 保管場所標章番号は、以前に自動車を所有していてそれと同じ場所で車庫証明を申請する場合に、保管場所標章番号を記入すれば車庫証明の所在図の記入を省略することが可能。(保管場所標章番号がわからない場合は無記入)
  • 自動車保管場所証明申請書の「警察署長殿」の所には、車庫証明を申請する警察署の名称を記入します。
  • 「申請者」の部分には、車の使用者(自分)の氏名・住所・電話番号を記入し印鑑を捺印し、車庫証明の申請を行う日付を記入。
  • 「使用権原」の欄には申請する車庫が自分の所有する土地であるならば「自己」、他人の所有する土地であるならば「他人」に○をつけます。
  • 「連絡先」の欄には、申請内容について警察署が尋ねる必要がある場合の連絡先を記入します。通常は、使用者(自分)の名前・電話番号でかまいません。
  • 自動車保管場所証明申請書の「6」の記入スペースは、新しく借りた駐車場の場合は「新規」に○印を、自動車の乗り換え等で車庫証明を申請する場合は、「代替」に丸印をつけ、前車の車のナンバーを記入します。

自動車保管場所証明申請書の書き方・記入方法は以上です。

関連項目

こんな場合どうする?

便利な一覧

車・バイク関連リンク

自動車保険見積もり比較

今から自動車保険に入る人も、いままで保険を見直したことがない人も、意外な結果になる可能性は大きいです!

複数の大手自動車保険を簡単に比較できるサイトへのリンク

(最大20社見積もり可能)

(最大15社見積もり可能)

車・バイク買い取り査定

全国600社の車買取業者が車を競争入札(無料)

車売却には全国展開しているガリバー車買い取り査定サービスが便利

中古車検索だけでなく、車の買い取り査定や車のスペック等を調べるのにも非常に便利

バイクの買取専門業者のバイク査定ページ(無料)