自動車取得税の計算方法を紹介

ここでは、自動車取得税の計算方法を一覧表と共に詳しく紹介しています。

車(自動車)・バイクの関連リンク

自動車取得税の計算

自動車取得税の計算式

自動車取得税は取得価格が50万円以下の車に関しては課税対象外になります。

新車価格×0.9×残価率=50万円以下になる場合は、自動車取得税の課税対象にならないので、自動車取得税はかかりません。

新車の価格等はカーセンサー等で調べると良いでしょう。

上記の式の0.9は、新車購入時に予め1割程度の値引きが行われるとの前提で決められた数値のようです。

  • 普通車の自動車取得税の税率は5%です。
  • 軽自動車の自動車取得税の税率は3%です。

車両の新車価格×0.9×残価率×5%(軽自動車3%)=自動車取得税

残価率計算 普通自動車 軽自動車
新車時 1.0 1.0
1年経過 0.681 0.562
1.5年経過 0.561 0.422
2年経過 0.464 0.316
2.5年経過 0.382 0.237
3年経過 0.316 0.177
3.5年経過 0.261 0.133
4年経過 0.215 0.1
4.5年経過 0.177 -
5年経過 0.146 -
5.5年経過 0.121 -
6年経過 0.1 -

普通車に関しては6年超・軽自動車に関しては4年超の車に関しては基本的に自動車取得税はかかりません。

上記の自動車取得税の残価率は都道府県によって若干異なる場合があります。

関連項目

こんな場合どうする?

便利な一覧

車・バイク関連リンク

自動車保険見積もり比較

今から自動車保険に入る人も、いままで保険を見直したことがない人も、意外な結果になる可能性は大きいです!

複数の大手自動車保険を簡単に比較できるサイトへのリンク

(最大20社見積もり可能)

(最大15社見積もり可能)

車・バイク買い取り査定

全国600社の車買取業者が車を競争入札(無料)

車売却には全国展開しているガリバー車買い取り査定サービスが便利

中古車検索だけでなく、車の買い取り査定や車のスペック等を調べるのにも非常に便利

バイクの買取専門業者のバイク査定ページ(無料)