希望ナンバーの予約・抽選・申し込み方法

ここでは、希望ナンバーの予約・申請・取得手続き方法を見本や例と共に紹介しています。

車(自動車)・バイクの関連リンク

希望ナンバーの申し込み方法

希望ナンバーの申し込みを行える条件

  • 新規検査を行う場合
  • 管轄変更を伴う名義変更又は住所変更を行う場合
  • 現在のナンバープレートが破損、汚損した場合

希望ナンバーの申込みをしてみよう!

平成11年に全国で普通自動車の「希望ナンバー」制度が導入されました。その後軽自動車に関しても「希望ナンバー」制度ができ取得できるようになりました。

希望ナンバーのうち「一般希望番号」は、自分にゆかりのある番号「誕生日や電話番号」などを希望する場合はこちらを選択します。

希望ナンバーの「抽選希望ナンバー」の場合は以下の13通りの番号を希望する場合に「抽選希望ナンバー」を選択します。

抽選希望ナンバー

希望ナンバーの申し込みは、陸運局などの近くにある、「希望ナンバー予約センター」などで申し込みます。

もっとお手軽に申し込みを行うには、以下の「希望ナンバー申し込みサービス(e-ナンバーサービス)」のインタネット申し込み窓口から申し込むのがすごく楽です。

希望ナンバー申し込みページ

インターネットからの「希望ナンバー」の申込みならいつでもできます。

希望ナンバーの「抽選対象希望番号」の抽選結果は、毎週月曜日に、前日(日曜日)までの申し込みについての抽選が行われ結果がわかります。

抽選結果はメールで配信、もしくは「希望ナンバー」申込みサイトの「照会」から結果が見られます。

インターネットからの「希望ナンバー」の申し込み方法

希望申込みサービスのページの申込みの所に進み、「新規」を選択します。そうすると「希望ナンバー」の申込みフォームが出てくるので順番に必要事項を書き込んでいきます。

希望ナンバー申し込み画面の記入項目としては、(1)車種分類(2)用途(3)標板の種類(4)標板の大きさと枚数(5)希望番号(6)車台番号(7)使用者の氏名または名称等の入力が必要です。

希望ナンバー申し込み(ネット)画面

希望ナンバーの申込みには、車両の情報も入れるので車検証を手元に持ってきて作業すると良いでしょう。

希望ナンバーの申込みが「一般希望番号」の場合

申し込んだ希望ナンバーが「一般希望番号」の場合、送信される申込完了メールの記載内容に従って、交付手数料の支払いを行います。

その後、入金確認メールが届くのでその指示に従い「希望番号予約済証」を取りに行き、希望ナンバーの登録申請を行います。

希望ナンバーの申込みが「抽選対象希望番号」の場合

希望ナンバーの申込みが「抽選対象希望番号」の場合は、申込完了メールに記載されている抽選年月日になると抽選が実施され、結果がメールで送信されます。(抽選結果等の申込み状況は希望ナンバー申込みの「照会」ページより確認できます。)

希望ナンバーが当選した場合、この「希望ナンバー申込み」の結果メールの記載内容に従って交付手数料の支払います。

その後、入金確認メールが届くのでその指示に従い「希望番号予約済証」を取りに行き、希望ナンバーの登録申請を行います。

残念ながら「希望ナンバー」の申込みに落選した場合は、翌週の抽選に向けて再度の申込みを行うことになります。

希望ナンバーの申込み手続きの「現在」状況は、「希望ナンバー」申込みサイトの「照会」→「申込状況照会」で確認することができます。

関連項目

インターネットで希望ナンバー申し込みの際の注意点

希望ナンバーを申し込む場合は以下の点を注意しましょう。

  • 「希望ナンバーの申込み」は、事業用自動車、レンタカー、軽二輪は現在の所、対象外です。
  • 「希望ナンバーの申込み」は、携帯電話のメールアドレスでは申込みできません。
  • 「希望ナンバーの申込み」時のパスワードを忘れてしまった場合は、申し込み情報の変更、及び照会ができなくなるので注意が必要です。
  • 希望番号が付けられる状態になるのは、交付手数料が振り込まれたのが確認されてから、原則として4営業日以降に交付可能となります。詳しいことは、希望ナンバーの交付手数料の入金確認メールに書かれています。
  • 希望ナンバーの申込みにかかる費用は、入金後はキャンセルできません。

万が一入金確認メールがエラーで届かない場合は希望ナンバーの申込みサイトの「照会」→「申込み照会」から確認できます。

関連項目

希望ナンバーを直接窓口で申請(予約)する場合

希望ナンバーを直接申し込む場合

希望ナンバーの予約申し込みを直接窓口で行う場合は、陸運局に隣接する希望番号予約センターに希望番号の予約を行います。

その他、希望ナンバーの予約申し込みは、郵送・FAXなどでも行えます。

関連項目

希望ナンバーにナンバーを変更する際に必要な書類・物

希望ナンバーの申請に必要な書類・物は以下の通りです。

  • 希望番号予約済証
  • 車検証
  • ナンバープレート
  • 印鑑
  • 申請書
  • 手数料納付書
  • 自動車税申告書
  • 委任状
  • 希望ナンバーに変える自動車の車体

「希望ナンバーの申込み」が完了したならば、必要書類を持って陸運局にて手続きを行います。

  • 希望ナンバー予約証(交付日より1ヶ月)には有効期限があるのでなるべく早く済ませたほうがよいでしょう。

希望番号予約済証

希望ナンバーの申込み(予約)が完了した場合にもらえます。

車検証

希望ナンバーの手続きには自動車の車検証が必要です。

ナンバープレート

前後のナンバーを希望ナンバーを取り付ける前に返却します。

印鑑

認印を持参しましょう

申請書(OCRシート)

陸運局で入手します。

手数料納付書

陸運局にて入手します。

自動車税申告書

ナンバーが変わるので、陸運局内にある自動車税事務所にて申告手続きを行います。用紙は陸運局で入手します。

委任状

代理人が希望ナンバーに関する手続きを行う場合に必要になります。本人が手続きを行う場合は不要です。

自動車の車体

希望ナンバーを取り付ける時に、ナンバープレートの封印が必要なので希望ナンバーを取り付ける車両を陸運局に持ち込む必要があります。

理由書

ナンバープレートが返却できない場合(盗難・紛失等)は、理由書を提出する必要があります。

関連項目

他の車の手続きと希望ナンバー申し込みを同時に行う場合

車の名義変更時に希望ナンバーを申し込む場合

車の名義変更と同時に希望ナンバーを取得する場合は、『名義変更に必要な書類・物+希望番号予約済証』を持っていくことになります。

希望ナンバーの申し込み+字光式ナンバー

希望ナンバーにすると同時に「字光式ナンバーにする場合」は、「字光式ナンバーに必要な書類・物+希望番号予約済証」となります。

関連項目

こんな場合どうする?

便利な一覧

車・バイク関連リンク

自動車保険見積もり比較

今から自動車保険に入る人も、いままで保険を見直したことがない人も、意外な結果になる可能性は大きいです!

複数の大手自動車保険を簡単に比較できるサイトへのリンク

(最大20社見積もり可能)

(最大15社見積もり可能)

車・バイク買い取り査定

全国600社の車買取業者が車を競争入札(無料)

車売却には全国展開しているガリバー車買い取り査定サービスが便利

中古車検索だけでなく、車の買い取り査定や車のスペック等を調べるのにも非常に便利

バイクの買取専門業者のバイク査定ページ(無料)