自動車税を延滞した場合の延滞金(金利)を紹介

ここでは、自動車税を延滞した場合の延滞金(金利)について紹介しています。

車(自動車)・バイクの関連リンク

自動車税の延滞金

自動車税の納付を滞納した場合の延滞金(金利)

自動車税を支払期限までに支払わずにいると延滞金として相応の金利が加算されます。

  • 自動車税の滞納による延滞金(金利)は年14.6%
  • 滞納期間が納付期限後の1ヶ月の場合は、金利は年7.3%

自動車税を滞納した場合の延滞金(金利)は、自動車税の納付期限の翌日から支払いを行った日までかかり、年14.6%の延滞金(金利)が発生します。

ただし、自動車税の延滞期間が納付期限後の1ヶ月の場合は、金利は年7.3%のです。

自動車税を滞納した場合の延滞金の計算方法

1500cc超~2000以下の車を所有していて1ヶ月の期間、自動車税を滞納した場合

39,500円(1年間の自動車税)×7.3%÷12ヶ月×1ヶ月=240円

1500cc超~2000以下の車を所有していて10ヶ月の期間、自動車税を滞納した場合

39,500円(1年間の自動車税)×14.6%÷12ヶ月×10ヶ月=4,805円

1ヶ月間、自動車税を滞納した場合の延滞金はタバコ1箱ぐらいですが、さすがに10ヶ月ぐらいになると、車両によっては延滞金(金利)の金額がでかくなるので、なるべく自動車税の支払いを延滞しないようにしましょう。

関連項目

こんな場合どうする?

便利な一覧

車・バイク関連リンク

自動車保険見積もり比較

今から自動車保険に入る人も、いままで保険を見直したことがない人も、意外な結果になる可能性は大きいです!

複数の大手自動車保険を簡単に比較できるサイトへのリンク

(最大20社見積もり可能)

(最大15社見積もり可能)

車・バイク買い取り査定

全国600社の車買取業者が車を競争入札(無料)

車売却には全国展開しているガリバー車買い取り査定サービスが便利

中古車検索だけでなく、車の買い取り査定や車のスペック等を調べるのにも非常に便利

バイクの買取専門業者のバイク査定ページ(無料)