軽自動車の廃車手続きを紹介

ここでは、軽自動車の廃車手続きに必要な書類・物や廃車手続きに必要な書類の書き方・記入例を見本と共に詳細に紹介しています。

車(自動車)・バイクの関連リンク

軽自動車の廃車手続きの流れ

軽自動車の廃車手続きは以下の様な流れになります。

  • 軽自動車を解体する(永久抹消する場合)
  • 軽自動車の廃車手続きに必要な書類・物を集める
  • 軽自動車検査協会にて、軽自動車の廃車手続きを行う。

一時的な、軽自動車の抹消登録の場合は、上記の2番から廃車手続き準備を行います。

関連項目

軽自動車の廃車手続きに必要になる書類・物

自動車検査証返納届書又は自動車検査証返納証明書交付申請書

自動車検査証返納届書・自動車検査証明書交付申請書は、軽自動車検査協会にて入手します。

自動車検査証返納届書の見本

軽自動車の永久抹消の場合は「軽第4号様式の3」(自動車検査証返納届書)をしようします。

自動車検査証明書交付申請書の見本

軽自動車の一時抹消の場合「軽第4号様式」(自動車検査証明書交付申請書)を使用します。

認印

軽自動車の廃車手続きには認印が必要です。

車検証

軽自動車の廃車手続きには車検証が必要です。

ナンバープレート

軽自動車の廃車手続き時にナンバープレートを返納するので、ナンバープレートが必要です。

軽自動税申告書

軽自動車税申告書は、軽自動車検査協会にて入手します。

関連項目

車(自動車)・バイクの関連リンク

軽自動車検査協会での軽自動車の廃車手続きの流れ

軽自動車検査協会で入手する書類を集める

軽自動車の廃車手続きに必要な書類・物が揃ったならば、軽自動車検査協会にて軽自動車の廃車手続きを行います。

一時的な廃車の場合は、「自動車検査証明書交付申請書」、永久的な廃車の場合は、「軽自動車検査返納届」を軽自動車検査協会にて入手します。

軽自動車の廃車手続きに関する書類を窓口に提出

入手した申請書に車検証の内容を記入し持ってきた印鑑(認印)を押し、軽自動車の廃車手続きのために持ってきたナンバープレート等を添えて窓口へ提出します。

軽自動車の一時的な廃車手続きの場合は、廃車手続きが終わると、軽自動車検査証返納確認書又は、自動車検査証返納証明書が交付されます。

軽自動車の廃車手続き後に、軽自動車を新規登録(再登録)して公道を走行する場合は、これらの書類が必要になるので、大切に保管する必要があります。

軽自動車の廃車手続きの際、永久抹消の場合は、自動車重量税の還付金を受ける事ができます。

但し、軽自動車の廃車手続き時に車検の有効期限が1ヶ月以上残っている必要があります。

関連項目

軽自動車の廃車手続きが済んだならば

軽自動車税の納税義務を消滅させる手続きを行います。

軽自動車の廃車手続きが済んだならば、軽自動車を廃車した翌年度から自動車税の納付書が送られてこないように手続きを行います。

軽自動車の場合は、廃車手続きを行っても普通車とは異なり、軽自動車の廃車手続きを行った年度の軽自動車税は残念ながら返還されません。

軽自動車の自賠責保険料の返還手続き。

自賠責保険料は、自賠責保険の有効期間が残っている場合は、残存期間に応じて返還されます。

ただし、自賠責保険料の返還は、自賠責保険を加入している保険会社で解約手続きを行った時点から残存期間に応じて返還されるので、軽自動車の廃車手続きが済んだならば、なるべく早く解約手続きを行う事をおすすめします。

関連項目

車(自動車)・バイクの関連リンク

こんな場合どうする?

便利な一覧

車・バイク関連リンク

自動車保険見積もり比較

今から自動車保険に入る人も、いままで保険を見直したことがない人も、意外な結果になる可能性は大きいです!

複数の大手自動車保険を簡単に比較できるサイトへのリンク

(最大20社見積もり可能)

(最大15社見積もり可能)

車・バイク買い取り査定

全国600社の車買取業者が車を競争入札(無料)

車売却には全国展開しているガリバー車買い取り査定サービスが便利

中古車検索だけでなく、車の買い取り査定や車のスペック等を調べるのにも非常に便利

バイクの買取専門業者のバイク査定ページ(無料)