運転免許証の有効期限が切れた場合の手続き方法

ここでは、運転免許証の有効期限が切れて運転免許証が失効した場合の手続き方法を詳しく紹介しています。

車(自動車)・バイクの関連リンク

運転免許証の有効期限が切れた場合の手続き

運転免許証が失効した場合(6ヶ月以内)

運転免許証の更新・書き換えを、うっかり、もしくはやむを得ずできなかった場合、運転免許証の有効期限が切れて6ヶ月以内であれば、比較的簡単手続きで運転免許証を交付してもらえます。

運転免許証が失効した場合(6ヶ月以上)

運転免許証の有効期限がきれ、免許証が失効してから6ヶ月以上経つと運転免許試験を再度受け、免許証を再度取り直す必要がでてきます。

ただし、海外出張や病気などで免許を失効後6ヶ月以内に入院をしていて、運転免許失効後6ヶ月以上になった場合それを証明するもを提出する事で、適正検査を受けるだけで免許証を再交付してもらえます。

運転免許証の有効期限が切れた場合の手続きを行う場所

運転免許証を失効した場合の手続きを行う場所は、管轄の運転免許センター・運転免許試験場で行います。

関連項目

運転免許証が失効した場合(6ヶ月以内)の手続きに必要な物

運転免許の更新の連絡はがき

この通知連絡はがきは、無い場合でも運転免許の失効に関する手続きは行うことができます。

運転免許証

有効期限が切れた(失効)運転免許証が必要です。

申請書

運転免許の失効に関する手続きを行う管轄の運転免許センターまたは運転免許試験場にて入手します。

写真

運転免許の失効に関する手続きには、写真一枚が必要です。(縦3.0cm×横2.4cm)

住民票

本籍が記載されている住民票が必要です。

印鑑

運転免許の失効に関する手続きには、印鑑を持参しましょう。

手数料

運転免許の失効に関する手続きの手数料は以下の通りです。手数料は地域により異なります。

  • 優良運転者(4,800円程度)
  • 一般運転者(5,200円程度)
  • 違反運転者(5,900円程度)
  • 初回更新者(5,900円程度)

関連項目

運転免許証が失効した場合(6ヶ月以上)の手続きに必要な物

運転免許証

運転免許証の有効期間が失効した運転免許証

申請書

運転免許の失効に関する手続きを行う管轄の運転免許センターまたは運転免許試験場にて入手します。

写真

運転免許の失効に関する手続きには、写真一枚が必要です。(縦3.0cm×横2.4cm)

住民票

本籍が記載されている住民票が必要です。

印鑑

運転免許の失効に関する手続きには、印鑑を持参しましょう。

運転免許証を失効したやむを得ない理由を証明する物

パスポートや入院証明書(診断書)等

外国人登録証明書等

外国人の方は、外国人登録証明書等が必要

手数料

運転免許の失効に関する手続きの手数料は以下の通りです。手数料は地域により異なります。

  • 優良運転者(4,800円程度)
  • 一般運転者(5,200円程度)
  • 違反運転者(5,900円程度)
  • 初回更新者(5,900円程度)

関連項目

こんな場合どうする?

便利な一覧

車・バイク関連リンク

自動車保険見積もり比較

今から自動車保険に入る人も、いままで保険を見直したことがない人も、意外な結果になる可能性は大きいです!

複数の大手自動車保険を簡単に比較できるサイトへのリンク

(最大20社見積もり可能)

(最大15社見積もり可能)

車・バイク買い取り査定

全国600社の車買取業者が車を競争入札(無料)

車売却には全国展開しているガリバー車買い取り査定サービスが便利

中古車検索だけでなく、車の買い取り査定や車のスペック等を調べるのにも非常に便利

バイクの買取専門業者のバイク査定ページ(無料)