運転免許証の再発行・再交付手続き

ここでは、運転免許証を紛失・盗難等で再発行・再交付手続きが必要な場合の手続き方法を紹介しています。

車(自動車)・バイクの関連リンク

運転免許証を紛失して再発行・再交付する場合

運転免許証を紛失などで再発行・再交付手続きをするには?

運転免許証をうっかり無くしたとか、財布の盗難に遭い免許証もろ共盗まれた場合は、まず、その免許証が悪用されて無用なトラブルに巻き込まれたりしないように、最寄の警察署などに紛失届けを出しましょう。

運転免許証の「再発行・再交付」の申請は、運転免許証の有効期間が残っている場合には、そのまま運転免許の「再発行・再交付」手続きを行いますが、もし運転免許証の有効期限が切れる1ヶ月以内の場合は(免許の更新手続きの通知が届いている場合など)、そのまま運転免許の更新手続きを行うことになります。

運転免許証の再発行・再交付手続きを行う場所

運転免許証の再発行・再交付手続きは、住所を管轄する運転免許試験場、免許センターもしくは警察の運転免許課などで手続きをすることができます。

再発行・再交付手続の受付時間や休業日などは、各公安委員会等で違う可能性があるので、事前にチェックして行かれたほうが良いかと思われます。

関連項目

運転免許の再発行手続きに必要な書類・物

運転免許証の再発行・再交付手続に必要な物・費用

  • 再交付申請書
  • 印鑑
  • 写真
  • 免許証(破損・汚損など免許証が残っている場合)
  • 身分証明書
  • 顛末書
  • 手数料

運転免許証の再発行・再交付手続きに必要な物・費用は以上です。

再交付申請書

申請窓口にあります。場所によっては、インターネット経由で申請書をダウンロードできるところも有り

印鑑

運転免許再発行手続きには、印鑑を持参しましょう。

写真

1枚(縦3.0cm×横2.4cm)

免許証

運転免許証の再発行を汚損・棄損などの理由で行い、免許証自体が有る場合は提出する必要があります。

身分証明書

保険証、パスポート、学生証などが運転免許証の再発行手続き時に必要です。

顛末書

必要ない場合もあるようです。

手数料

運転免許証の再交付にかかる手数料は3400円前後(地域により異なる)かかります。

関連項目

こんな場合どうする?

便利な一覧

車・バイク関連リンク

自動車保険見積もり比較

今から自動車保険に入る人も、いままで保険を見直したことがない人も、意外な結果になる可能性は大きいです!

複数の大手自動車保険を簡単に比較できるサイトへのリンク

(最大20社見積もり可能)

(最大15社見積もり可能)

車・バイク買い取り査定

全国600社の車買取業者が車を競争入札(無料)

車売却には全国展開しているガリバー車買い取り査定サービスが便利

中古車検索だけでなく、車の買い取り査定や車のスペック等を調べるのにも非常に便利

バイクの買取専門業者のバイク査定ページ(無料)